• 高砂市文化会館~じょうとんばホール~
  • 高砂市文化保健センター

謡曲「高砂」

右下のボタンをクリックすると音楽が再生されます。

おめでたい謡(うたい)として結婚式に欠かせない謡曲「高砂」は、室町時代に能を完成させた世阿弥元清の作だともいわれていますが、金春善竹の作だともいわれていて、原題は「相生」でありました。物語は阿蘇の神主友成が上京の途中に高砂の浦に立ち寄った際、相生の松の精である老人夫婦と出会うところから始まり、夫婦愛、長寿の理想をあらわした謡曲の代表作だといわれています。

チケット購入はこちら 国際ライフパートナー株式会社 株式会社パシフィックアートセンター ユーアイ帆っとセンター
ページトップへ